大量のゴミの処分に困った方の為の不用品回収について

SITEMAP

不用品回収しませんか?

不用品回収を依頼する時の注意点

ゴミ

大掃除や引越しの際、不用品が出てくることがあります。処分に困るのなら、専門業者に引き取ってもらった方が効率的です。まず、不用品回収業者を探しましょう。
インターネットなら手軽に探せて便利です。注意点としては「要らないもの」ではないという点です。不用品の場合、使えないものや壊れたものが対象となります。よくスピーカーをつけた車が不用品回収として回ってくることがありますが、これは使えないものや壊れたものを引き取ってくれる車です。古いラジオやテレビなどの家電などを回収してもらえるようになっています。
最近の不用品回収業者は、事前にインターネットで申し込みができるようになっており、もっと効率的です。指定日に、玄関先に不用品を出しておけば、後は勝手に回収してくれます。これなら留守にしていても回収してもらえるので、とても楽です。
また、重たくて大きなものであることもあります。自分で運ぶには車がないと不便なものの場合でも、不用品回収業者に依頼すれば、車で回収に来てくれます。場合によっては、玄関まで出せないものもあるはずです。こんな時にも、作業員が家の中から運んでくれることもあって好都合です。もちろん、この場合は事前に大きさや重さ・料金はかかるのかなども話しておく必要があります。

不用品回収が意外と高くてがっかり

名古屋に引っ越しをした時のことです。初めての一人暮らしで、いろいろな家具や家電をそろえなければなりませんでした。何日もかけて準備することもできなかったので、ほぼ同じ時期に一人暮らしに必要なものがいろいろ届くように通信販売で注文しました。
大きな家具などは信じられないくらい大きな段ボール箱に入って届きました。一つ一つ違うお店からの購入になったので。まとめて入っているということが少なくて、小さなものでも結構立派な段ボール箱に梱包されて届きました。梱包を解きながらその都度段ボールを小さく折りたたんでできるだけ全部をきちんとまとめましたが、最終的にはワンルームマンションの玄関がいっぱいになるくらいのかさばりようでした。
マンションの段ボールの回収のごみの日は月に一回で、その時は次の収集日までほぼ1か月ありました。室内にはその段ボールを置いておく余裕はありませんでした。かといって、部屋の外に1か月も放置するわけにもいかず困っていたところ、郵便受けに「不用品回収、お部屋の片づけお手伝いいたします」というチラシを見つけました。早速電話して不用品回収の見積もりに来てもらいました。5000円くらいならちょっと高いけど早くすっきりしたいしいいかなと思っていましたが、提示された金額はその10倍ほどの額でした。一瞬やめようかなと思いましたが、早く玄関を片付けたかったので、カード払いで段ボールごみを不用品回収してもらいました。

不用品回収とはどのような流れで進むのか

不用品回収というのは、どのような流れで進んでいくのでしょうか。不用品回収を考えている人は知っておくべきです。
まずは家の中の物の要・不要を選別していきましょう。選別が終わったのであれば、どこの不用品回収業者を利用していくべきかを決めていくことが重要です。不用品回収業者はたくさんあるので、ネットで検索して比較サイトなどで調べてみましょう。そして不用品回収業者を決めたのであれば、電話で連絡をしてから不用品を回収に来てほしいということを伝えておきましょう。
電話口で不用品回収の見積もりをしてもらえる場合があるので、そのような場合には何を回収してもらいたいのかを伝えるようにしましょう。そうすると電話口で不用品回収にどれくらいの値段がかかるのかを教えてくれるでしょう。不用品が沢山あってその場で伝える事が出来ないという場合には、実際に家まで来てもらってから、不用品回収の見積もりをしてもらうことが大切です。見積もりをしてもらってから、その見積額で納得できたのであれば、実際に不用品回収業者に家まで来てもらい回収してもらいましょう。不用品回収をしてもらう時間は、不用品が多ければ多いほど時間がかかりますが、一人でするよりは遙かに効率がいいです。

RECENT POSTS

TOP